大腸がんは前もって予防ができる|原因を知って予防対策をしよう

ドクターとナース

がんは早期発見で治る病気

お腹を押さえる女性

定期的な検査が重要

日本ではがんによって死亡する数が一番多くなっています。人間の寿命が延びるに従ってがんの患者が増加しています。しかしながら医学の進歩によってがんも不治の病ではなくなっています。がんは早期発見をすれば治るチャンスが多くなっています。早期発見をするためには定期的な検査が必要で大腸がんを発見するためには潜血検査が行われています。潜血検査で陽性になると大腸がんの疑いが生じますので従来は注腸検査を行っていました。しかしながら注腸検査ではその場でポリープを切除することはできませんので日を改めて大腸の内部を直接検査をすることになります。最近は一回で済ますためにはじめからファイバースコープで大腸の検査をする人が増えています。

日程に留意して検査を受診

大腸がんの検査をファイバースコープで検査するためには大量の下剤を服用して大腸を空にしてから受診することになります。検査でポリープが見つかるとその場でレーザーで切除します。大腸にできたポリープは大きくなるとがん化して大腸がんとなるためです。ポリープを切除しても跡がきれいになっていれば翌日から通常の飲食をすることも可能です。しかしながら切除して出血した際にはクリップで止血するのですが、アルコールは二週間くらい控える必要があります。また、スポーツもゴルフやテニスは出来ませんし、旅行も控える必要があります。ファイバースコープで大腸を検査する際には日程を考慮して万一切除して出血しても問題が生じないようにしておくことが肝要です。